なぞ

<ワカンナイ>

【初代AC】第一回マスターオブアリーナ考察【MoA】

それはある日のこと、

私がマスターオブアリーナ(以下MoA)のクリアデータを作り終え、

告知を出したところたきやんさんが食いついてきたところから始まりました。

「MoA対戦しますか!」

 

しかしMoAといえば、量産された大量のデビガンやらその派生機ばかりが脳裏に。

実際、全解禁レギュで真昼間からたきやんさんとガチ対戦をしてみたところ、

Eサブデビガンなんかが猛威を振るっていました・・・。

そして、その日の夜Discordの熱帯部屋はMoAの話でもちきりになり、

会議通話が発生!

内容を知りたいとのことで、わざわざらふさんまで新しく駆けつけてきてくれました。

 

途中からとなりますが、ねきさんの案で議事録として残しましたので、

ご参考までにどうぞです。

時間にして約30分でしたが、内容がありすぎて文字に書き起こすの大変だったよ!

(ぷんすこ)

 

【第一回MoA考察】

参会者:しぇ、たきやん、来人、ねき、raphalies


しぇ:ちゃんとできてるかな・・・(記録開始)


来人:リロード薄かったらそんなにEサブ怖くないと思うんだけどな

ねき:リロード2だったら赤サブの1.3倍強いくらいの武器になっちゃうのかな

来人:うーん

ねき:だってあれさ、リロードが2から1になっちゃうのは明らかに・・・

来人:わぁー・・・やばい。

みんな:はっはっはっは

ねき:しかもあれがオプション1でいけるからね

来人:そう

ねき:Eサブ存在するならそれ(E連射アップや消費軽減OPなどを切る)は賛成かな

しぇ:んーんー。

ねき:威力に関しては5スロ食うから別に・・・いいと思う

しぇ:あー・・・威力かぁ。 私威力(瞬間火力的な意味で)も結構見ちゃってたな

ねき:あれ(威力)つけるとDOコアがつけれないからまぁ・・・

しぇ:そうだね、そうなればそこで差がでるね

ねき:あとDOコアが強いんだよね

しぇ:DOコアに関してはこっちのほう(知り合い)でも
禁止でいいのでは、くらいの意見は出てたくらいに強い。 だけどー・・・

ねき:確かに初期コアとかと比べると・・・
でもオプション少ないっていうのは結構デメリットだと思ってるから・・・

しぇ:そうだね、うんうん。

ねき:装甲分重量は食うし

システム:ぽこーん

しぇ:お、らふさんがいらっしゃいました、こんばんはー

らふ:だいぶ出遅れましたね

みんな:大丈夫ここ(みんな)今きたところだから

らふ:あははは

ねき:録音して議事録が作られるらしいっす

ねき:えーじゃあ来人さんもういっかい経緯を・・・どこまで話したかとか

来人:えー、えー・・・。
今、健全なマスターオブアリーナを楽しむレギュレーションを考える会をやってまして・・・

しぇ:わかりやすい

らふ:ふふふ

来人:まぁなんか昼間にこう、シェイドさんとたきやんさんがちょっと・・・

らふ:あー、なんか言ってましたね

来人:コンプデータ作ったついでに対戦しようぜーってやってたらしくて

しぇ:hai

来人:んで、その時対戦してた時の内容で現行の全解禁の(レギュ)と、
違うのとを試して比べてみようみようぜーみたいにやってた流れがあって、
えっと、そこでまぁ二人が二人が行き着いたレギュレーションは、
カラス脚とオプション(防御アップ)を・・・
カラス脚を選択したときにオプションを5スロット消費すっていうのと、
えー・・・プラス防御オプションは禁止

しぇ:うん

ねき:えっそれはきついな、ははは・・・

みんな:ざわざわ

しぇ:だいぶ叩きましたよ! まぁとりあえずこれー(この部分は)出しただけだから・・・

来人:とりあえず、それがそういう話から始まって紆余曲折やってこうやって言ってはるんですけど
まぁそれが一つあって、んでそれは二人の流れで持ってきたやつで、
僕的にはなんかこう、マスターオブアリーナらしさとかプロジェクトファンタズマらしさとかを
尊重したいと考えてるから、まぁ対戦の蓄積(ACPP)があった中で皇帝戦記レギュができたっていうのがあって、
アセンの多様性を求めようかとかな、みたいな話になってそのレギュができたわけで、
ことマスターオブアリーナについては、すごーく昔色んな人が全解禁で遊んだ、という蓄積があった中で、
禁止しようか、しまいかみたいな話は出たり出なかったりはあったんだけど、
最後結局まで全解禁で、みたいなこだわってたところがあったのでー・・・
まぁ今その技術の蓄積が色んなゲームの考察が出た後に、たくさんこう、みんなが動かせるようになって
当時のその全解禁を遊んだ時に、技術的な介在余地が当時のこう、
画一化したカラス一強の中にまず入るんかどうか、というのがちょっと知りたいかな・・・と

らふ:うーん

来人:・・・というのもあるし、まぁやっぱし同じような類似したアセンブリで対戦するような、
当時の人間はそれで本気でやっててまぁ楽しかった、というのもあるし
そのー・・・マスターオブアリーナっぽさっていうが
改めてなんなのかっていうのを知ったうえでレギュレーションの考察を始めたいかな、というのが僕の意見かな

らふ:あー

来人:で、まぁそこでねきさんがやってきまして・・・

ねき:で、らふさんがその説明をした直後にらふさんがやってきた・・・という

らふ:同じ説明をしたっていう ふふ

ねき:そうそうそうそう

しぇ:うまくまとまったよね

来人:で今はなんかこう今は各武器の、強パーツのパラメーターからみるレギュレーションは・・・みたいな話を

らふ:これやべーんじゃないかみたいな

しぇ:そうそうそう

ねき:まぁさっきツイッターで書いたようなことをいっただけだよ

しぇ:EサブとかEサブとかEサブとか

らふ:EサブのDPSがやばすぎるーみたいな

しぇ:DPSもやばいしー・・・

らふ:カラスって防御スク外したら意外としょぼくねーか、みたいな話もあったし

しぇ:そうだね

ねき:あれがー実係18とかくらいまでになるから

しぇ:そうそうそう

ねき:18じゃない、8015で20係数かな、だから普通にぺらい

しぇ:うん

来人:ふんふん

ねき:ていうかVTとか501とかよりぺらい

しぇ:そうだね

たきやん:うんー

来人:なるほど・・・

しぇ:だけどー、積載はあるからやりようはある、って感じかな

ねき:積載と反動は強いから

らふ:にゃー

ねき:まぁでも使う人は使うんじゃねっていう性能にはなるのかな

しぇ:そうだね、実際使ってみた(上記のOPなしで)ら妥当っていう性能だったんだよね、ほんとに

ねき:ミサイルー・・・うーん、実係低いとミサイルとかが選択肢に入るから・・・

らふ:あー

来人:ふーん・・・

らふ:当時のMAの事情を知らないんで・・・結構染まってる、
似たようなアセンが多いってさっき仰っていたんですけど、
それってほとんど同キャラ戦に近いくらいに染まってたんですか?

しぇ:(染まってましたね)

来人:えっとね、あのー・・・まぁその地域差はもちろんあるんだけど、
よく見かけるっていうのが8085っていう怒り肩の激固デビガンなんだけど、
それがまぁフレームとして超優秀で・・・でもあの機体は旋回とかがあんまりなくって・・・

らふ:ちょっと重たい・・・と

ねき:ブースターも最軽量だからね

来人:んで、その対抗馬に後期によく流行ったのがTR0のデスお嬢と呼ばれてた見た目はお嬢様、
かんぴょ~さんが作ってたTLの四脚月光だったり

らふ:あーHG1の

来人:がー、まぁいたり、あとはまぁたきやんさんがチャットに書いてくれたけど、
丸盾腕のデビガンがいたりまぁこれはオプションの関係でDOコアが使えないからS0コアになるんだけども
で、デビガンとそのEサブデビガンがいたかなっていうのと、あとはまぁカラスでTL剣豪ね
HG1の率でいうとそんな感じでたくさんいて

ねき:HG1は存在しててもいいかなって思ってるんだけど

しぇ:私もそう思う

ねき:まぁそのMAのHG1がどれくらいはまるのか知らないけど

来人:うん

しぇ:いや、割と立ち回りでどうにかなるレベルよ? みんな固め抜けできないできないっていってるけど

ねき:たぶん235ラッシュのほうがきついよね、固めとしては

しぇ:絶対きつい

ねき:(PPの場合)風があるからなんとかなってるけど

しぇ:風もあるけど、(HG1は)発射のタイミングあるじゃん、
あれがやっぱり遅いからここで落としたい、というのができないんですよ、結局
確かに一撃は重いんだけど、反動値も多いんだけど、ひっかかかるタイミングが少ないっていうのかな。
まぁ上手くないとだめだよねっていう

たきやん:タイミング間違えると抜けられてしまう

しぇ:そうそうそうそう

ねき:なるほど

らふ:あれだけ固い世界だからHG1の威力がちょっと高いっていわれてもなって感じだしな

しぇ:そうそう、割とねーHG1大丈夫なんですよ

しぇ:今日、試しにデビガン使ってもらって私はいつもの(ぺらい)黒竜使ってみたんですけど、
それでも大丈夫なくらい

ねき:えぇ? 黒竜っていつものVTのあれ?

らふ:そのままですか?

しぇ:そう、右手武器とかちょっと積載調整の都合で違うけど、ほかぜんぶ同じです

ねき:なるほど・・・

しぇ:それで、耐えられちゃうくらいなので・・・まぁあまり脅威度は高いようには感じなかったかなって感じ

らふ:どっちかというと手を付けるべきなのはHG1というよりは、
カラス脚そのものと、Eサブって感じ?

しぇ:そうだね、私たちが感じたのはそこだね。
あとはちょっと片足(やばいほうに)踏み入れてるのがレンコンていう腕武器の・・・あれ

らふ:あー

たきやん:レンコンに対応しようと思うと、HG1があれかな、HG1かEサブとかが必須になってくる感じかな

みんな:うーん

らふ:そっちはそっちでまた制限がいるかもしれないっていう

ねき:リロキャンさえ禁止にすれはいいんじゃないの?

しぇ:リロキャン?っていうとばばばばばってずっと出続けるあれ??

ねき:そうそう、一生固め続けられるっていう

しぇ:一生っていうのはだめだね

ねき:弾切れるまでずっと

しぇ:あれはだめだね、はまっちゃうから

来人:まぁそんな感じ?

しぇ:うーん

ねき:MAらしさっていうのがよくわかってないんだけど

来人:それがわかってないと、たぶんね 煮詰まってきたときに座標が変わる気がするんだよね

たきやん:こっちのほうがいいんちゃうみたいな

来人:んでこいつらなにやってんのみたいなかんじのね、
客観的に見たら結局身内でやってるだけじゃんみたいな感じになる

ねき:自分としてはMAはスーパーデビガン大戦っていう

らふ:少ないキャラの中でスキル差の中で決まるみたいなイメージがあるけど・・・

ねき:知ってる? 対戦ゲームってさー同キャラ対戦しかなかったら最高にバランスいいんだよ??

みんな:ははは

しぇ:でもこのゲーム同キャラ対戦できないから

来人:まぁでも補正っていうものがあるから

しぇ:そうだよ、補正があるから同キャラ対戦できないですよ、だからちょっと困ってるんですよね

来人まぁ立ち回りをね、1P得意か2P得意か・・・というのは若干あるにしろ

しぇ:うーん

ねき:結局MAで補正の影響受けるのB級アセンのような気がする。 まぁPPもそうだけど

来人:そうなんだよね、武装がね 多積載な多武装な機体のメリットとうまく存在してるよね

しぇ:そうだよね、ただ ミラーマッチしたときが結構ちょっと残念なことなるけどね

来人:ただまぁ多武装だとさ、自分にパイがいっぱいあるわけで

らふ:手段はあるわけで

来人:そうそう、対応力はある ね 同キャラでも多様性は対戦の中で生まれるとは思うだよね

みんな:うんうん

しぇ:ただこれがデビガン同士となるとどうかなーって。
あいつらほんとにやること簡単だからなー・・・

ねき:いやー武装も絞ってるしね、装甲系だと

しぇ:そうなんですよ

ねき:だって多武装するメリットないもん、Eサブ250発で死ぬのにほかの武器使う必要ないじゃん

しぇ:ない

来人:はっはっはっは

ねき:初代系って右手武器の信頼度すごい高いゲームだから

みんな:そうだね

らふ:Eサブってガチ対戦の戦闘機動しながらだと息続かなくなったりしないんです?

しぇ:あっ、しますよ

ねき:空戦しながらだと無理だと思う。 だから踊りながらぶっ放すんですよ

しぇ:そう、なのでカラスになっちゃうんですよ

らふ:地上戦主体になるとカラスがかみ合ってるという話になってくると

しぇ:・・・で相手が下りてくるのを待ってればいいだけの話だから、その間にエネルギーの問題は解決でしょう?

ねき;むずかしいねー

らふ:MAは対人戦したことないから・・・

ねき:だいじょうぶだいじょうぶ、自分も今エアプで語ってるから

しぇ:だいたいみんな、来人さんくらいじゃない?やってたのは

来人:いや、たきやんさんもだね

みんな:あっそっか

来人:たきやんさんは特に多武装だしね

しぇ:そうだね、今日はめっちゃ多武装使いこなしてましたね

たきやん:MAはマップでミサイルが死ぬことが多いから・・・

ねき:そうそうそう、マップが広かったら・・・何とかなる気がするんだけど

しぇ:そうね、広いところと良マップと思えるところを洗い出して、
なんかもうここでやりましょうって決めるしか

来人:パイプラインが広い。

しぇ:橋があるところが広くて夜間市街地広くて・・・

ねき:(夜間市街地・・・)

来人:・・・月面も、いいマップだとは思うんだけど

しぇ:空が狭いけどね

来人:そうなんだよね・・・空が狭い

らふ:ただ地上にある障害物などの配置とかは結構いいはず。あの夕日の村みたいなところはどうなんですか?

みんな:ああ、あそこは・・・狭いし見えないしで・・・

しぇ:モニタ明るくするしかないよね、ハードウェアチートみたいな

たきやん:これ以外(月面、パイプライン、海上基地)で何かありましたっけ

たきやん:ガンマンの町×?

らふ:海底ドームはー・・・見た目が違うだけで関係ないか

ねき:じゃあこれくらいでランダムとかにすればいいんじゃないかな、5,6マップ

しぇ;うんうん

らふ:あーだから実用に耐えるマップチョイスしてその中でランダム

しぇ:そうそうそうそうそう

らふ:ダイスロールみたいな

ねき:だけどさー、電脳空間とかひどいでしょ

らふ:ちょっとんーって感じ、意味が分からないなんであんなマップがあるのか

しぇ:地下駐とかも意味わかんないよね、今日(アリーナコンプのため)お世話になったけど、
何のためにあるのかまったくもってわかんないもんね。

らふ:あれですよね、崩落してる橋のところも障害物が少ないよねっていえば少ないよね

ねき:んー

しぇ:少ないよね、私は結構遊べるマップだとは思ってて・・・空も広いしね

ねき:んー結構あり

らふ:ちょっとだから射線が通り過ぎ問題あるかな、とは

しぇ:てか橋がでかい気もするしね、ちょっとなかなか難しいところはあるよね

来人:まぁどこも基本にどこも遮蔽物が少ないっていうのがマスターオブアリーナなのかなって。
建物がない

みんな:そうですねぇ・・・

たきやん:真っすぐ行ってあれっすよね、ぶん殴る

しぇ:そうだねー・・・

来人:そうだなぁ・・・だから距離の維持能力がすごく大切で
射程感覚っていうのがないとガンナーができないんだよね
もう、近距離に入っていくとHG1が飛んでくるから、無理やりにでも固められるっていう
遮蔽物ないせいで、前進されるとそのまま何もできず・・・

ねき:んー・・・

らふ:そうなってくると海上基地とかになってくるんですかね

しぇ:一応真ん中に遮蔽物あるしね

らふ:まぁ細かくあるから

しぇ:縦ににある柱とかもあるから

らふ:まぁステージはやっていってって感じがするけどやっぱアセンですよね

ねき:んー、MAらしさを語る前に逆脚とか中二とか重二の存在価値がわかんないんだよね

たきやん:それはー・・・カラスが飛びぬけすぎてるからですよ

しぇ:そうなんですよ

らふ;逆関節は息してないですか?

ねき:逆関はAP高いからなんとかなりそうな気がするんだよね

しぇ:でも中二と重二が・・・

ねき:なんかS3がぱっとみ強く見えるくらいかな

らふ:逆関はそういう意味では新パーツが強そうにみえるけど

ねき:あのへん使ってどれだけEサブにぶち殺されるのかがわからないんだよね

来人:(ハンドガン)

らふ:避けられないしね

ねき:ハンドガンもきついしEサブもきついしで・・・

来人:ふふ

ねき:あのあたりたぶん重いんだよね・・・

たきやん:重いから餌食にされるんだよね、踊れないし、反動が耐えられない

ねき:そうするとHG1、Eサブがー・・・ってなるんだよね
ちなみに235って固まるラインってどうなの、たぶんかんぴょ~さんとこみに行けばあるけど

らふ:ええ、いくつだっけそれ

来人:まぁ235気にしてると・・・

ねき;あんま固まんないんじゃなかったっけ

らふ:ほとんど固まらないはず

来人:Reつけてたらね

ねき:ああじゃあRe禁止? なんか安直でいやだなぁ・・・

みんな:はははは

らふ:そうするとノーマルのABSが意味ない気がする

ねき:そうなんだよなぁ

来人:ABSつけると重二は固まらなくなるんじゃなかったかなぁ 高安定の機体は確かそうだったような

らふ:まぁやってみればそこはわかるから

しぇ:うーん

来人:やっぱし試行回数が足りてないから

しぇ:足りてないね

らふ:そもそもその全解禁のMAを知らないから、
まずはそこは試行回数重ねて見るっていうのがいいと思いますね

ねき:まずは全解禁やね

しぇ:そうだね

たきやん:うんー

来人:じゃあ・・・全解禁

しぇ:やりますか!

来人:・・・ちょっと、対戦してください(小声)

みんな:してくださいて

らふ:なにそれ俺は知ってるからいいですよ的な

しぇ:来人さんやらないの??

来人:俺がやりたいかな

しぇ:来人さんやってやって、んで私がその画面を配信するから・・・ちょっと配信の準備しますね

来人:でも僕は剣豪下手だから

ねき:そんなこといったら・・・無理だよ

ねき:ここは、経験のある来人さんとたきやんさんで経験者は語るってことで

たきやん:でもあれやでたぶんびっくりするよ、PP慣れてたら。 MoAだいぶ違うもん

ねき:そもそも立ち回りが風前提で組み立ててるからMAやれる気がしないんだよねまったく

らふ:そもそもとして、なんか慣性のかかり?っていうのが全然違う違う。
PPでやりますっていったとき、挙動全然違うから

来人:だいじょうぶ、ガンナーはたいして変わらない

 

そして対戦へ。

対戦のアーカイブは以下のURLから見ることができます。

www.twitch.tv

【初代AC】黒竜の最終型【MoA】

AC1.x系における愛機『黒竜』の最終バージョンです。

コンセプトとしては、軽量で高機動力な機体に高火力な右手武器を装備し、

重量機を圧倒できる機体を目指して作られました。

f:id:syedream:20180617191802p:plain

初代では武装として強力なEN銃KARASAWAを、

そして次回作におけるACPPではPPKに落ち着いていましたが、

三部作最後のMoAでは脚部パーツなどの積載量の調整などの影響を受け、

XW11という連装レーザーライフルに換装されています。

これにより一射あたりの威力こそ若干下がってはしまったものの、

弾速は大幅に向上しており、命中精度の面でPPKに対して優位だったほか、

連射性能が大幅に向上したため、一瞬の隙をついた攻撃に向く上、

さらに重量も軽く、弾数などの総火力の面でも十分な値が出ていました。

f:id:syedream:20180617192031p:plain

また、この機体は回避と右手武器の命中精度向上の両立図るため、

あえて左手にはブレードを載せず、

余剰積載とすることで機動性の向上や、2P補正の取りやすさを上げています。

 

ただし弱点としては、ほとんど無いにも等しい装甲が挙げられ、

ミサイルのジャミングオプションがついていないなど防御面に隙があります。

また、脚部の安定性能に関しては、

最早OPパーツによる補強すら行われていません。

これは機体の特性上どうしてもOPパーツのスロットが不足してしまい、

また仮に補強したところで、対して結果が変わるわけではないという、

実戦でのフィードバックがあり、実際反動のある攻撃を受けた場合の

ノックバックの量が増えることで、

逆に敵のブレードによる連携攻撃による被害を軽減さえさせることも可能、

という判断があったためです。

 

このほか、細かいところでは従来型ではFCSが21でしたが、

新たにPCVを採用したことで、ロックオンサイトが拡大され、

扱いやすさに難があった弱点は解消されています。

【PSAC対戦サーバ】AC MoAの対戦にも対応しました!

hai、今月は私事となりますが、内部的にごたごたがあり、

アリーナは開催中止となってしまいましたがそのかわりに、

対戦サーバをアーマード・コア マスターオブアリーナに対応させました!

 

・・・といっても、単にクリアデータを作って放り込んだだけなのですが、

ACPPじゃなくてMoAが遊びたい、という需要もあるにはあると思うので、

それで対応させてみた感じです。

 

今のところ、対戦サーバに参加しているメンバー内では、

どのようなレギュレーションにすれば、楽しく遊べるのか模索している所で、

まだ本格的な対戦はしておりませんが、ひとまずお知らせとして告知します。

【PSAC対戦サーバ】WindowsUpdateによる接続障害

ConCon、少しトラブルはあったものの無事第二回アリーナ(対戦会)を終え、

平穏な日常に戻ってきたわけですが、

ここにきてとんでもないトラブルをWindowsUpdateがもってきたことが発覚、

急遽ブログを更新することになりました。

 

そのトラブルとは、4月末にリリースされた『Windows 10 April 2018 Update』、

これに含まれているパッチにより、リモートデスクトップ機能が正しく動作しなくなり

結果として突然対戦サーバとの接続が切れてしまう現象が起こるというものです。

 

今のところ、回避策は存在せず、このアップデートを適用してしまうと、

OSをクリーンインストールし、OSのバージョンを『Creators Update』まで、

挿し戻さなければならなくなります。

 

ほかにも多数の不具合が『Windows 10 April 2018 Update』でていますので、

念のため、しばらくの間は更新とセキュリティにある、

WindowsUpdateで「新しい機能と強化内容」を延期させるか、

「更新の一時停止」をオンにしてマイクロソフトによる、

不具合の修正を待つしかありません。

 

具体的に出ている不具合ですが、以下のサイトにあるまとめが役立ちます。

参考までにリンクをはっておきます。

forest.watch.impress.co.jp

また、不具合の内容については上記のサイトに記載されているもの以外にも、

あまりにも多く存在しているため、正直私のほうでも掌握し切れていません。

現状何が起こっても不思議ではない状況ですので、

アップデートは見送っておくほうが無難かと思います。

 

 

【ACPP】ロックオンの仕様についての差異【MoA】

というわけで、ロックオン周りの仕様についてACPPとMoAで比較したところ、

適用されるOPやパラメータに差異があることがわかりました。

具体的にはACPPではSP-AXLで、すべての武器のロックオン速度が上昇しますが、

一方でMoA環境では実弾武器のロック速度は低下します。

 

このように、流用かも?と思われる個所でも差異があったりしますので、

検証や考察を行う際には情報の裏付けをしてから行うことをお勧めします。