なぞ

<ワカンナイ>

来人さんのギターコンサート聴きに芦屋まで行ってきた!

hai!

というわけで、最強のACプレイヤーの一人、

来人さんがギターコンサートを開くということで、

東京から大阪の芦屋までセトさんと一緒に車で出撃してきましたw

リアル側の、プロとしての顔が見られるなんて、こんな貴重な機会ないよねっ!

距離は片道約650km、ここぞとばかりに妨害用の大雨が降ってましたが、

こういうのではしゃいじゃったりする私は無駄にkskして、

洗顔したい時だけ球形して、それ以外は休まず芦屋まで走りきりました。

めでたしめでたし。

 

・・・hai!

まだまだ終わりなわけはなくってここからがお話の本筋。

コンサートは夜からなので、お昼前に着いちゃった私たちは、

セトさんの建築関係のお勉強かねてヨドコウ迎賓館に行ってました。

ヨドコウ迎賓館とは、昔フランク・ロイド・ライトっていう、

アメリカのすごい建築家が建築したものだそうで『有機的建築』と呼ばれてるみたい。

私は建築とかそういうのの知識はまったく持ち合わせてないので、

新しい発見があるたびにセトさんにこれなにーっ?て聞いて解説してもらってました。

建物の外観も独特で、「地形にあわせてデザインした・・・」って言われて、

これはなかなか難易度が高いなぁって思いながら、

備え付けてあるナゾな備品とか、なにか規則性でもあるのかなって建物中ぐるぐる。

私なりにナゾな建築物を堪能してました。

f:id:syedream:20131225191504j:plain

これは応接間の横のところの一室。

雰囲気的には、レイさんとかが好きそう?

建物はちょっとしたお城みたいに広くって、夜とかに来ると怖そうな感じですね。

壁とか床は基本的に石ででてきてて、それに木材とかそういった装飾が施されてます。

天井の高さはまちまち、これもデザインに含まれてたのかなぁ???

んでんで、ぐるぐるしてたら途中でナゾのおじさんがでてきて、

 

「君達は建築の人間かね? この建物をみた感想はどうかね?」

 

・・・とか話しかけられたり、

さっきまで↓のエリアにいたハズの人が↑から出てきたり、

私が気になる部分があって凝視してたら、この建物の管理人さんが

 

「あれ・・・もしかして貴方何かみえてます?」

 

・・・とか意味深なことをいってきたり、建物もナゾなら登場人物もけっこうナゾ。

今までに見た事も無いし考えた事も無いコンセプトを見れていい体験できたかな。

今回の体験で感じたのは、建築物に関しての考え方は、私とは真逆ってこと。

私の場合、居住空間として快適であることがまず第一にあって、

建物のデザインとかインテリアは、優れた機能を持った設備などの裏側の部分、

乱暴に言うと汚い部分を隠したりするためにあるとか考えてました。

でもでも、この建物はまずデザインありきであって、

特定の角度から見るとキレイとか、ここから外の景色をみるとスゴイとか、

そんな具合にあっちこっちに仕掛けがあった。

でもでもデザインとして細工をするならば・・・っていう意味では、

なんとなく私も同じことするかなって部分もちょっとあったかも?

ちなみにこんなのどれだけかかって作ったの・・・って資料みてみたら、

やっぱ10年以上かかってつくってたりとかしてて頭から煙でました・・・w

ついでに気になったので、この人が作った過去の建築物とか調べてみたら、

工期が遅れまくってたり予算オーバーとかしてたり、相当凝り性だったんですね!

 

そうして、ぐらぐらしてる間にお昼になってしまったので、

適当に芦屋の町並みを堪能しながら食堂って書いてある食堂でごはんたべて、

そこらへんにあったネカフェに球形の為に移動。

私は決死のPSO2公認ネカフェ特典でエクスキューブゲット作戦にでるも、

回線とPCの性能がだめだめすぎて、パッチ落とし終わる前に寝落ちしました。

15minくらいかかって1%も進行しないとかなんなん・・・。

ディスクI/Oの性能悪すぎだよ・・・。

結局、持ってきた電気毛布にぐるぐるまきになったまま18時まで爆睡して、

セトさんに何回かおきろーってしぇーってやられておきた。

 

そしてついに本命のコンサート会場へ!

まず会場についたら、予約してた名前をかかりの人におしえて、指定席へご案内。

ここの建物もなにか独特の雰囲気と装飾が施されてすごい凝ってました。

f:id:syedream:20131225201804j:plain

事前情報として「芦屋とかセレブ街じゃん!」っていうのはあったけれども、

会場にきてた人達からもそんな雰囲気が駄々漏れです。

しかし私は持ってきたトナカイのカチューシャをすかさず頭にセット!

時間まで全力大気するしかああってなってたら来人さんから声かけてきてくれましたw

カチューシャ効果すごい。

両の手でかたい握手してくれたのはほんとにうれしかったです!!

JKかと思ったって言われたのは意外だったけどそれもうれしかったですw

あと何人かマダム方からもお声をかけてもらえて、すごい目立てたみたい、やったね!

そうこうしてる間に開始時刻になって、支度のために来人さんと相方様がステージへ。

やっぱ観られる事が当たり前の人は違いますね、

もうなんか仕草のひとつひとつが格好いいし、ノリでやってるだけって言ってるけど、

それもまたひとつのポイントとして冴えてました。

1stステージはちょっと落ち着いた感じの曲が多めで、

おいしいお料理(たぶんお肉とか草のようなもの)を食べながら聴き入ってました。

曲についても色々弾き始めるまえに解説があって、冗談交えながら和やかに進行。

2stステージは、一気に雰囲気かわって、えっクラギでそんなのできるんだ?!って

そんなのがあったり、色々激しかった。来人さんのはっちゃけっぷりもすごかったw

私思ったことはリアルタイムでめもめもしちゃうんだけど、

それみた来人さんがステージからツッコミいれてきてくれたりとかとか!

#一応演奏してるとこのお写真とかも撮らせていただいたのだけれども、

#顔出しの許可まではまだ聞けて無いので、現時点ではステージの画像はなしです。

 

そして熱いアンコール演奏のあとは、来人さん達とプライベートなお時間!

一緒にお酒とか飲みながら、色々思い出話をしてたりしました。

あ、あとね、今回はAC勢としてはスパイクさんとACDCさんとお初だったんですよ!

まさか今になって、こういった機会に恵まれるなんて思ってもいなかったし、

ここではじめて聞いたお話とかもいろいろあって、ほんとに充実しまくってたですw

ほんと、こんな一大イベントにご招待いただいてありがとうございました!

今回の旅は一年の締めくくりにぴったりな、素晴らしい体験の塊だったよ!!