なぞ

<ワカンナイ>

譲ったPCのトラブルからの友人関係解消のお話

hai、今日はちょっと暗いお話です。

AC仲間の芦田さんが使用していたPCが頻繁にフリーズしたり、
画面が砂嵐になったりするというお話をお伺いしていて、色々と相談に乗ったりしていたのですが、
最近では趣味でやっておられるダイビングの動画編集をするなど、
PCの性能的にも足りてないところがあるとお見受けしたので、日頃の感謝の気持ちも込めて、私の使っていたPCを無償でお譲りしました。
ちょうどSkylakeが発売されたので、Ivy世代のSHADE6からの乗り換えを考えていたんですよね。

ところが、譲ったPCがマトモに動作しないというのです。
具体的には、PCの電源を落とした後、数秒間PCの電源が入れなおせなかったり、
インターネットエクスプローラーが頻繁に落ちたり、最悪OSごと再起動してしまうというものでした。

一応、引き渡す前に動作確認などはしていて、
この際には特に異常が見当たらなかったため、そのまま引き渡しましたが、
さすがにこれではまずい、ということでトラブル解決の糸口となるようなアドバイスをしたり、
起きている症状から異常がありそうな箇所としてメモリなどが挙がりましたので、
予備のメモリを貸し出したりしていました。


しかし、結局これらのアドバイスは聞き入れてもらえず、
手渡したメモリも活用してもらえず、一度PCをお預かりして検査をする、という提案も却下されてしまい、
事実上、こちらで対応できることがなくなってしまいました。

PCをお渡しする際には「トラブルなどが起きた場合は責任を持って対応をする」という条件を付けていましたし、
組み込んでいた部品はストレージ(SSD)を除き、すべて私が負担したものですので、これでは非常に困るのです。
時価にして総額8万円相当にもなりますから、損失としてもとても大きいですよね。
しかも芦田さんは頻繁にツイッターなどの媒体でPCの不具合を訴えています。
とてもではないですが、放ってはおけません。

そこで、一度PCを回収するという旨のメールを彼に送ったのですが、
帰ってきた返事は以下のようなものでした。

>もうこのPCは「俺のPC」なんです。色々エラーは出ていますが、これは俺の問題なので、お願いですからもうほっといて欲しいです。
>色々シェイドさんが気にかける必要もありませんし、関わって欲しくもありません。
>
>PCの件でこれ以上連絡頂いても返信はしませんし、PCの回収に応じるつもりもありません。

あんまりです。
さらに追い討ちもありました。
この件についてメールを返信したのですが、550エラー。
つまり、メールのブロックをされてしまったわけです。
この時点で、もう取り返しのつかない事になってしまった訳なのですよね。

以降、彼との連絡は取れておりませんし、私からも関わるまいと思い、
AC2AA関係のツイッターや連絡先の削除対応などを行いましたが、
やはり残念な事案として心に刻まれてしまいました。

私は日頃から多数の知人に頼まれてPCを組み込んだり、メンテナンスなどを行っていましたが、
このような事が起こってしまったのは初めてで、本当に強いショックを受けています。
私はどうすればよかったのでしょうか・・・未だに答えは見出せていません。