なぞ

<ワカンナイ>

しぇPCにGeForce GTX 1070 を搭載してベンチマーク

ConCon、季節はすっかり夏・・・お部屋は常にエアコンな今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私のほうは相変わらずゲームの類に色々手を出していて、

黒い砂漠だったり、PSO2だったり、WoWsだったり、エミュでACPPやったりと、

あっちこっちふらふらしています。

そんな中、4年ほど使い込んだPCの電源が壊れ、

それに巻き込まれる形でグラフィックスカードも壊れてしまったので、

PCを比較的大規模にリフレッシュ(改装)しました。

実は今秋頃AMDから発売される予定の新型GPUが発売されるまでは、

色々と持たせたかったのが正直なところなのですが、

だましだまし使うのにも限界が見えたので、思い切ってがっつりいきました!

 

変更点は以下のとおりです。

M/B:ASUS MAXIMUS VIII IMPACT
CPU:インテル Pentium G4500→Core i3-6300→Core i7-6700K<New>
RAM1:トランセンド 4GB DDR4 2133 U-DIMM 2Rx8×2
RAM2:トランセンド 4GB DDR4 2133 U-DIMM 2Rx8×2
GPU:AMD Radeon R9 290→nVidia GeForceGTX1070 (Zotac AMP Extreme ZT-P10700B-10P) <New>
SSD1:東芝 128GB RAID-0→インテル SSD750 Series 400GB
SSD2:東芝 128GB RAID-0→N/A
ODD:N/A
FAN:コルセア CWCH60
SUP:シルバーストーン SST-ST70F-ESG 700W →シーソニック SS-760XP2S 760W<New>
CHA:シルバーストーン SST-SG08B-LITE→N/A
OS:マイクロソフト Windows7Ent 64bit

 

・・・PCケースは先日、部屋で立ち眩みになって倒れかけた時にクラッシュしてしまったので、今は使ってません・・・w

CPUはオーバークロックにより4GHzから4.9GHzへ、

メモリもあわせてDDR4-3000駆動で高速化させ、

グラフィックスカードもメーカー側であらかじめオーバークロックが施してある、

特別なモデルを選んで購入しました。

・・・となると、気になるのは実際の性能ですよね。

最新型が負けるわけねえだろ 行くぞおおぉぁあ!!

 

そんなわけで、ベンチマークテストですが以下のもので行いました。

CrystalMark 2004R3

・AS SSD Benchmark

ドラゴンズドグマ オンライン(DDON) ベンチマークソフト

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

 

まずは軽くシステム全体の性能を示してくれるCrystalMark 2004R3から。

f:id:syedream:20160815203503p:plain

------------------------------------------------------------------------------
CrystalMark Result
------------------------------------------------------------------------------
   Display Mode : 1920 x 1080 32bit (ClearType)

    CrystalMark :  767230

[ ALU ]            118574
      Fibonacci :   41609
      Napierian :   22920
   Eratosthenes :   20489
      QuickSort :   33534
[ FPU ]            103931
        MikoFPU :    9547
     RandMeanSS :   58436
            FFT :   18366
     Mandelbrot :   17560
[ MEM ]            126843
           Read : 50108.30 MB/s ( 50108)
          Write : 27267.45 MB/s ( 27267)
     Read/Write : 27088.31 MB/s ( 27088)
          Cache : 223587.21 MB/s ( 22358)
[ HDD ]            289611
           Read : 9741.47 MB/s ( 54207)
          Write : 14142.04 MB/s ( 76210)
 RandomRead512K : 8626.98 MB/s ( 48634)
RandomWrite512K : 11749.44 MB/s ( 64247)
 RandomRead 64K : 3466.21 MB/s ( 22831)
RandomWrite 64K : 3596.57 MB/s ( 23482)
[ GDI ]             20231
           Text :    9101
         Square :    1003
         Circle :    2977
         BitBlt :    7150
[ D2D ]             43486
   Sprite    10 : 2615.07 FPS  (   261)
   Sprite   100 : 1976.60 FPS  (  1976)
   Sprite   500 : 1050.98 FPS  (  5254)
   Sprite  1000 :  796.04 FPS  (  7960)
   Sprite  5000 :  267.69 FPS  ( 13384)
   Sprite 10000 :  146.51 FPS  ( 14651)
[ OGL ]             64554
  Scene 1 Score :   19008
  Lines (x1000) : (4009749)
  Scene 1  CPUs : (    512)
  Scene 2 Score :   45546
Polygons(x1000) : (3845930)
  Scene 2  CPUs : (   2048)

・・・テストの最後のほうはさすがに激重でしたが、

それでもスコアは先代のSHADE6より20%以上高速化したようです。

 

次にSSDです。

これは冬あたりに衝動買いしたものなのですが、

NVMeに対応しているU.2接続な高速タイプです。

計測にはAS SSD Benchmarkを使用しました。

f:id:syedream:20160815204026p:plain

ざっくり言うと、性能は4倍くらいになった感じですね。

f:id:syedream:20160815204126p:plain

書き込み速度が乱降下していますが、これはキャッシュソフトによるもので、

メモリキャッシュに入りきる分は高速に、キャッシュから溢れた部分が本来の速度、

つまり1200MB/sあたりの速度がでていることになります。

 

さて、そろそろゲームのようなものも動かしてみたくなりました。

そこで三種類のゲームのベンチマークテストを行い、性能を比較してみました。

まずは、ドラゴンズドグマから。

f:id:syedream:20160815204453p:plain

特にフレームレートが変動することもなく、安定してスコアを伸ばしてくれました。

 

次にファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークです。

これは先代のSHADE6ではかなりカクツキが目立ってしまっていて、

頭を悩ませていたのですが、SHADE7では若干重いかな?という部分がある程度で、

これもまた安定してスコアを伸ばしてくれました。

f:id:syedream:20160815204740p:plain

残念ながらぎりぎりで20万には及びませんでしたが、

ロードタイム、スコアともに優秀でGeForce GTX TITAN Xを搭載したPC(4Gamer)

よりも高いスコアがでるなど予想よりもよい結果がでました。

f:id:syedream:20160815205126p:plain

右上にロゴマークが出てますが、前からありましたっけ?

結果には満足です。

 

最後にファンタシースターオンライン2ベンチマーク(EP4)でテストです。

f:id:syedream:20160815205346j:plain

ついに10万を超えてしまいました。

ベンチマークはともかく、ゲームでは実質200FPSが上限で、

先代のSHADE6でも処理落ちすることはほとんどなかったのですが、

これなら録画をしながらゲームをしても快適に遊べそうです。

 

全体的に見て、予想以上 というのが正直なところですね。

このグラフィックスカードはオーバークロックモデルですが、

GeForece GTX 1080 に匹敵する性能を引き出す事が可能であることがわかります。

試しに黒い砂漠にもログインしてみましたが、

びっくりすることに720p程度の解像度であれば、

人が大量にいるようなレイドボスでも60FPSの維持が可能でした。

 

でもね、実はまだこのSHADE7は完成形じゃないのです。

モリーがたまたま高耐性持ってて、DDR4-3000で動作した為放置になりましたが、

本来ならばDDR4-4266などのハイクロックメモリを搭載する予定があったりします。

しかし市場にはまだ出てくる気配すらないので、当面はこの構成でいきます。

 

はー、それにしても新世代のグラボは静かでいいですね。

基本的にファンが動いてることのほうが珍しいくらいなので、

稼動音はほとんどしません。

電源もセミファンレス仕様なので、これまた動いてるほうが稀という状態ですし、

一番気になるのはCPUの水冷クーラーから出ているオイルの流れる音くらい。

なかなかいい感じです。