なぞ

<ワカンナイ>

Discordの初代AC系、対戦コミュニティを公開しました!

hai!

そんなわけで、出すぞ~出すぞ~って言いながらも、

なかなか公開できていなかったコミュニティをついに一般公開する運びとなりました!

今のところ、参加の要件を、日本語での意思疎通が取れる方

明確にACの対戦の意思がある

または初代AC系に関する話題を話せる方に限定させていただいています。

 

【参加に際しての注意書き】

参加の際には「chat」に一言、対戦に関する意気込みや、

動機などなんでもいいので何らかのコメントを残していただき、

モデレーター権限を持つ方に「承認」されることで、

はじめて、このDiscordコミュニティでの発言や、

権限が必要なルームの閲覧などができるようになります。

コミュニティに入りましたら、まずは「chat」で必ず権限をもらってください。

 

それではさっそくコミュニティに入るための手順を書きます。

といっても、招待コードを入力するだけなので、特に難しいところはありません。

 

ざっくりとした手順は以下の通りです。

1.Discordのインストール

2.Discordの起動

3.Discordアカウントの取得

4.Discordで招待コードの入力

 

それでははじめてみましょう。

まずはDiscordのインストールです。

これは以前の日記でも紹介しましたし、

表示されている通りに進めていけば誰でもできると思うので割愛させていただきます。

次にDiscordの起動です。

DiscordのIDとパスワードを取得し、アプリを起動しますと、

以下のような画面がでます。

f:id:syedream:20170922124833p:plain

はじめて起動したり、アップデートなどがあった場合に表示される画面です。

これは興味があれば見てもよいですが、大体は関係ないのでスルーして閉じます。

 

画面を閉じますと、なんだかそっけない画面が表示されますね。

まだフレンド登録やコミュニティに属していないため、何も表示されません。

f:id:syedream:20170922125203p:plain

なので、まず最初に対戦コミュニティに属するところからはじめてみましょう。

 

画面の中の左端に+マークがあるかと思うのですが、

まずはそこをクリックしてください。

f:id:syedream:20170922125809p:plain

 

すると、以下のような画面がでますので、「サーバに参加」を選択します。

f:id:syedream:20170922125939p:plain

 

すると、何やらサーバの招待云々を聞かれました。

f:id:syedream:20170922130039p:plain

 対戦コミュニティの招待コードは「https://discord.gg/vKbk7UQ」ですので、

これをコピペして画面中ほどの空白の中に入力し、「参加」を選択します。

すると・・・

f:id:syedream:20170922130509p:plain

このように、「AC1x 熱帯サーバ」という名前のコミュニティに入れます!

しかし、この状態では権限がないため、

画面左に記載されている「chat」「info」「guide」しか閲覧できません。

本来ならボイスチャットルームもあるのですが、そちらにも参加はできません。

なので、とりあえず、「chat」を画面左で選んだ状態(デフォルトで選ばれてます)

にして、前述のように何らかのコメントの書き込みをしてみてください。

モデレーターは数名いますが、気づき次第権限を付与します。

 

権限が付与されますと、画面が以下のように変わります。

f:id:syedream:20170922131151p:plain

画面左側に、たくさんの部屋が増えたかと思います。

また、同時に各ルームへの参加が可能になったり、「setting」を参照し、

ネット対戦に必要な設定などをみることができるようになります。

 

あとは、「chat」で雑談をしてみたりするのもよいですし、

ボイスチャットルームに入り、そこで対戦の募集をしてみたり、

生の声で雑談するのも良いでしょうね!

 

おっと、その前にまだやるべきことがありました。

f:id:syedream:20170922132018p:plain

左下の自分の名前が表示されているところの横に歯車マークがあるかと思うのですが、

これをクリックし、初期設定を済ませてください。

具体的にはマイクの設定や、他のアプリとの連携(Skype)などのオンオフなど、

設定項目はかなりありますが、最低限マイクの設定などをしておくと、

今後ボイスチャットなどをする際に慌てなくて済むようになります。

あとは、わからないことがあれば、

「chat」などで聞いてくれれば誰かが答えてくれると思いますので、お気軽にどうぞ!